【1月開講】VETS ACADEMY 腫瘍科Basicコース

関連ハッシュタグ
#腫瘍
#伊藤輝夫
#標準診療

受講期間:2022/01/01~2022/03/31

「VETS ACADEMYベーシックコース」は、世界標準の診療を目指す獣医師のための学習プログラムです。
各科目、総合診療医が正しい診断を確実に導くための基礎知識を、5回のオンデマンド講義と1回のライブ講義で学んでいただきます。

一次診療医として、様々な疾患を正確に診断できるように、標準診療を実践している専門家が講義を行います。
さらに、ライブ配信の講義では、学習内容の確認や普段の診療での疑問を講師に直接相談できるため、実践を学んでいただけます。
動物の高齢化に伴い、腫瘍症例が増加している状況で様々な種類の腫瘍への対応が必要となっていると思います。

腫瘍科コースでは、小動物外科専門医の伊東輝夫先生に講師を務めていただき、「これは何か、どうなるのか、どうすればよいのか」という3つの疑問を解決するために
種類別、部位別の腫瘍の診断方法を解説いただきます。

期間中はアーカイブの視聴可能なので、忙しくてなかなか決められた講義時間に間に合わない方、後から学習内容を振り返りたい方にも最適です。

最新のアクティビティ

講師

こんな先生におすすめ

・一次診療で診ることの多い腫瘍の診断力をあげたい
・腫瘍か炎症か、良性か悪性かを確実に診断するための知識を得たい
・総合診療医として各科のレベルアップを図りたい
・標準診療のための基礎のおさらいをしたい
・世界標準の知識をもった獣医師になりたい
・自分自身の経験に正しい知識を加えて、診断力を磨くための学習の場が欲しい

カリキュラム概要

腫瘍科コースでは、多岐にわたる腫瘍の分類に始まり、細胞の腫瘍と固形の腫瘍を網羅し、それぞれについて確実な診断のすすめ方と、
病理検査の活用についても実践的な方法が学べる内容です。

[隔週木曜日配信] 各40~60分
第1回 1月13日 腫瘍の分類と特徴、上皮系腫瘍の診断
第2回 1月27日 独立円形細胞腫瘍の診断
第3回 2月10日 軟部組織腫瘍の診断
第4回 2月24日 頭頚部~胸腔内に発生する腫瘍の診断
第5回 3月10日 腹腔内に発生する腫瘍の診断
第6回 3月24日 総括&質疑応答「病理検査情報を臨床にどう活用するか」※ライブ配信
※ライブ配信日に変更がある場合は、事前にご案内いたします。

講師メッセージ

一次診療の現場では様々な腫瘍に様々な頻度で遭遇します。悪性腫瘍には滅多に遭遇しないものが多いので、対応が難しくなると思います。
一方、圧倒的に多いのが体表の微小結節(良性)の相談で、多くの場合、悪性腫瘍のように病期判定、切除/病理検査といった型通りの診療は進められないので、特有の難しさがあります。
いずれの場合でも腫瘍診療の目的は、飼い主が抱く「これは何か、どうなるのか、どうすればよいのか」という疑問の解決につきると思います。
治療はその一部にすぎず、解決の要になるのは診断です。このコースでは3つの疑問の解決を意識しながら、
また一般臨床家の目線から、腫瘍診断の実践的なポイントを解説したいと思います。

‐ 伊東 輝夫(青葉動物病院 院長)‐

修了証

修了者には、後日、修了証書を発行・贈呈いたします。

全6講座とCBTを全て受講にて本カリキュラムの修了となります。

VETS ACADEMY Basicコース

3ヶ月プラン

5人
/定員 15人
25,000円 /3ヶ月