【9月開講】VETS ACADEMY 循環器科 Basicコース

関連ハッシュタグ
#循環器科
#高野裕史
#標準診療

受講期間:2021/09/01~2021/11/30

「VETS ACADEMYベーシックコース」は、世界標準の診療を目指す獣医師のための学習プログラムです。
各科目、総合診療医が正しい診断を確実に導くための基礎知識を、5回のオンデマンド講義と1回のライブ講義で学んでいただきます。

一次診療医として、様々な疾患を正確に診断できるように、標準診療を実践している専門家が講義を行います。
さらに、ライブ配信の講義では、学習内容の確認や普段の診療での疑問を講師に直接相談できるため、実践を学んでいただけます。

「循環器科」では、基本的な診断の手順を犬と猫それぞれの代表的な心疾患ごとに解説をいただきます。
病態の把握から、診断時に見るべきポイント、予後予測や治療方針の考え方を説明していただきます。

期間中はアーカイブの視聴可能なので、忙しくてなかなか決められた講義時間に間に合わない方、後から学習内容を振り返りたい方にも最適です。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
こちらのコースは満席となっております。
第2回目のご案内をご希望の方は、下記URLより必要事項をご記入の上お待ちください。
https://forms.gle/8txxi4QPYfdnoTRL6
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ㅤㅤㅤㅤㅤ

最新のアクティビティ

講師

こんな先生におすすめ

・犬の弁膜症、猫の心筋症をしっかり診断できるようになりたい
・仔犬の心雑音に対するアプローチ方を知りたい
・危ない不整脈はしっかり把握しておきたい
・診断後に得られた検査所見・結果をどのように考えたらよいかを知りたい
・正しい治療方法は?最新の治療法をアップデートしたい
・総合診療医として各科のレベルアップを図りたい
・標準診療のための基礎のおさらいをしたい
・世界標準の知識をもった獣医師になりたい
・自分自身の経験に正しい知識を加えて、診断力を磨くための学習の場が欲しい

カリキュラム概要

一次診療にて遭遇する循環器疾患の多くは犬の弁膜症と猫の心筋症であると思います。これらの疾患をしっかりと診断できるようになることを目指します。
また、やはり避けては通れない不整脈。遭遇頻度、危険性などを加味し重要性の高い不整脈を効率的に学べるよう説明していただきます。
その他、仔犬の検診で心雑音を聴取した際に役立つよう、先天性心疾患のアプローチ法も解説します。

[隔週水曜日配信] 各40~60分
第1回 9月 1日 犬の僧帽弁閉鎖不全症
第2回 9月 15日 猫の心筋症
第3回 10月 6日 犬と猫の急性心不全治療
第4回 10月20日 犬と猫の知っておきたい不整脈
第5回 11月 3日 犬と猫の知っておきたい先天性心疾患
第6回 11月24日 代表的な循環器薬の使い方を学ぶ 総括&質疑応答 ※ライブ配信について、日時変更ある場合は事前に第お知らせします。予めご了承ください。

講師メッセージ

犬猫の場合、循環器疾患の確定診断は画像診断、特に心エコー検査に頼ることがほとんどであり、診断には心エコーの技術が必須になってしまう現状があります。
そのため心エコー検査に注目が行きがちです。しかしながら、身体検査、心電図検査、血圧測定などの他の検査所見に診断や治療のヒントが隠されていることも多く、蔑ろにすべきではありません。
バランス良く診療を行うことで重要な所見を見逃してしまう確率も減るはずです。本コースでは、様々な所見から総合的な判断を下せるよう疾患の病態を学んでもらえればと思っております。
また二次診療で実施可能な治療についても触れていきます。どのような治療が可能かを知っておくことで、飼い主への説明や二次診療施設との連携がスムーズになるはずです。
循環器診療は非常に面白い分野です。一緒に楽しさを共有できれば幸いです。

‐ 髙野 裕史(どうぶつの総合病院 循環器科 科長)‐

修了証

修了者には、後日、修了証書を発行・贈呈いたします。

全6講座とCBTを全て受講にて本カリキュラムの修了となります。

VETS ACADEMY Basicコース

3ヶ月プラン

1人
/定員 16人
25,000円 /3ヶ月