【8月開講】VETS ACADEMY 腎・泌尿器 Basicコース

開催日時:2024/08/07~2024/11/06

「VETS ACADEMYベーシックコース」は、世界標準の診療を目指す獣医師のための学習プログラムです。
各科目、総合診療医が正しい診断を確実に導くための基礎知識を、5回のオンデマンド講義と1回のライブ講義で学んでいただきます。

一次診療医として様々な疾患を正確に診断できるように、標準診療を実践している専門家が講義を行います。
さらに、ライブ配信の講義では、学習内容の確認や普段の診療での疑問を講師に直接相談できるため、実践を学んでいただけます。

一次診療でも来院頻度の高い腎・泌尿器疾患。「腎・泌尿器科」では、経験からくる疑問を専門家に質問いただけます。腎疾患ではガイドラインに沿って、泌尿器疾患は症状別に正しい診断の仕方を解説します。

期間中はアーカイブの視聴可能なので、忙しくてなかなか決められた講義時間に間に合わない方、後から学習内容を振り返りたい方にも最適です。

※こちらのコースは第1~4期と同一です。 重複申し込みにご注意ください。


講師についてPROFILE

米澤 智洋

東京大学農学部獣医学専修卒業後、東京大学大学院農学科学生命科学研究科にて博士課程修了。味の素㈱研究員として勤務。その後、北里大学獣医畜産学部助手、同大学獣医学部助教、講師を経て、現在は東京大学大学院農学科学生命科学研究科獣医臨床病理学研究室准教授。

講師からのメッセージはこちら

こんな先生におすすめ

・よく診る腎臓や泌尿器の疾患について日々の疑問を、解消したい
・内分泌の基礎知識をおさらいしたい
・正確な診断のプロセスと思考を学びたい
・総合診療医として各科のレベルアップを図りたい
・標準診療のための基礎のおさらいをしたい
・世界標準の知識をもった獣医師になりたい
・自分自身の経験に正しい知識を加えて、診断力を磨くための学習の場が欲しい


カリキュラム概要

腎・泌尿器科は、完治の難しい疾患が多く、一次診療においても継続的な治療を求められるとされています。
本カリキュラムでは、腎・泌尿器の疾患について、よく診る疾患や慢性的な疾患を取り上げて解説します。

[隔週水曜日配信] 各40~60分
【第1回】2024年 8月 7日 AKI/CKD
【第2回】2024年 8月21日 多飲多尿/内分泌
【第3回】2024年 9月 4日 排尿障害
【第4回】2024年 9月18日 蛋白尿
【第5回】2024年10月 2日 蛋白尿(つづき)・尿沈渣
【第6回】2024年10月下旬 総括&質疑応答 【ZoomにてLIVE配信】

・・・・・・・第6回LIVE配信詳細・・・・・・・
第1回~第5回までの総括と、皆様から頂いたご質問に講師より直接ご返答いたします。
講義内容はもちろん、日々の診療についても質問可能です。
この機会に不安を解消して、明日からの診療にご活用ください!
※時間の関係上、すべてのご質問にお答えできない場合がございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

修了試験はオンラインにて執り行います。
第6回講義終了後1週間以内にCBT(Computer Based Testing)で実施する予定です。


講師メッセージ

小動物診療をしていると、腎泌尿器に疾患をもった症例には毎日出会いますよね。それだけでなく、来院した全ての症例において、腎・泌尿器が正常に機能しているか、常にチェックされておられることでしょう。そのくらい、腎泌尿器疾患の診断アプローチは常に心にとめておかなければならない、診療の根幹部分のひとつであると思います。

このVETS ACADEMY 腎泌尿器科Basicコースでは、主に内科的な視点から、腎臓病の診断と治療方針ガイドライン、泌尿器系の各症状から考える鑑別診断などを軸にして、腎泌尿器疾患の診断アプローチについてお話したいと思います。この学習プログラムが、先生方の標準診療のお役に立てば幸いです。

‐米澤 智洋(東京大学 獣医臨床病理学研究室 准教授)‐


修了証

修了者には、後日、修了証書を発行・贈呈いたします。
全6講座とCBTを全て受講にて本カリキュラムの修了となります。
※決済者と受講者が異なる場合は予めacademy@eduone.jpまでご連絡下さい


講義イメージ

セミナーの冒頭部分はこちらからご覧になれます


開催日時
2024/08/07~2024/11/06
人数

3人

/ 定員 15人

会費

25,000円(税込)

募集中の学習コースCOURSE

受講方法やサービスに関する
ご不明な点は
お気軽に
お問い合わせください。

VETS ACADEMYでは
サロンを開設したい
オーナー様を
募集しています。